› 風景カメラマンへの夢:風景写真 › 日記 › 碓氷峠 鉄道の歴史

2008年12月18日

碓氷峠 鉄道の歴史

明治26年に開通した、信越本線 横川・軽井沢間
現在は遊歩道になっている。

イギリスから技師を招いて、トンネルや橋を作ったようで
そのレンガ作りに異国情緒を感じる。

日本でも珍しい「アプト式」という方法で、機関車が山を上ったらしい

群馬と長野の県境の山奥に、異国の文化。

なんとも不思議…




水銀灯と蛍光灯でライトアップしているため、緑がかった色




ナトリウム灯なのでオレンジ色




しばらく歩くと有名な、めがね橋に到着




国の重要文化財

今のように大きな重機がなかった時代に、大変な重労働だったに違いない

良かったら一度歩いてみてはいかが?
一人はやめたほうがいいです。

トンネルの中は怖い!
途中ですれ違ったのは1組だけ(二人連れ)

自分は一人だったけど、昼間でも正直怖かった(笑)


ポチッとお願いします。
  ↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 夢・未来へ





同じカテゴリー(日記)の記事画像
お引越し
眠れない
清水寺
朝の里
群馬の秘境
1,000円で食べ放題!
同じカテゴリー(日記)の記事
 お引越し (2012-11-09 22:56)
 眠れない (2012-06-24 07:23)
 清水寺 (2012-06-21 18:13)
 朝の里 (2012-05-26 07:17)
 群馬の秘境 (2012-05-24 09:15)
 1,000円で食べ放題! (2012-05-22 16:43)

Posted by DREAM at 11:13│Comments(2)日記
この記事へのコメント
写真すてきです!古い物がすごーくキレイに生き生きとして見えます。何か自分が見たことでも語り出しそうです。

でも「トンネル」には怖くて行けません。
Posted by なごみなごみ at 2008年12月18日 11:51
なごみさんありがとうございます。
そう言っていただけると本当に嬉しいです!

トンネルはやばいです…
くれぐれも一人で行かないように。
襲われてもわかりません(笑)

めがね橋は、碓氷の旧道沿いにあります。
車を停めるちょとしたスペースもありますし
階段を上れば橋の上にもすぐ行けますよ~(息が切れるけど…)

ぜひぜひ行ってみて
Posted by DREAMDREAM at 2008年12月18日 13:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
碓氷峠 鉄道の歴史
    コメント(2)